FXで重要なのは、大損しないこと!

FX(外国証拠金取引)では、異なる2つの通貨のペアを取引し、これらのペア間の為替レートの変動を利用して収益の機会を狙います。
ただ、為替差益を得ることができるのは、外貨預金も同じですね。



FXが外貨預金と異なるところは、「証拠金取引」である点です。

証拠金取引では、一定額の証拠金を預け入れることで、その数倍~数十倍の額の取引を行うことができます。



これは、レバレッジ(てこ)とも言われます。例えば、米ドル円での取引であれば、4万円程度の証拠金で、1万通貨(1万ドル)のポジションを持つことができます。



1ドル=100円のレートなら、1万ドルは100万円に相当します。


つまり、4万円の証拠金で、その25倍の100万円の取引ができるということです。

FXの魅力は、少ない資金で大きな額の取引ができ、大きな利益を出すことができるというところにありますね。

その反面、大きな額の損失を出しやすいというデメリットがあることも否定できません。
ドル円のロングポジション(ドル買い・円売り)を保有しているときに、為替レートが1円円高になっただけで、1万通貨で1万円の含み損が発生します。FXで重要なのは、大負けしないようにすることです。

しかし、損失が発生している状況で、自分の意思でそのポジションを閉じて損失を確定するのはなかなか至難の業。


そこで、新たなポジションを構築したときには、そのポジションが一定以上の含み損になったときに自動的に決済するための損切り注文を同時に入れておくことが望ましいです。